子ども劇場山口県センターは、山口県を中心に子どもが豊かに育つ地域づくりを目指します

お問い合わせ 子ども劇場山口県センター 電話番号

子ども劇場くだまつブログ

1

おもちパーティー

2016年02月08日

2月7日、ほしらんどくだまつで恒例の「おもちパーティー」を開催しました。
毎年人気の企画で、お知らせして程なく定員に達し何世帯もの方が参加できなくて申し訳ありませんでした。

朝は冷え込みましたが日中はお天気に恵まれ、予定通り臼と杵でおもちつきができました。
最近はお正月でなくても簡単におもちが買えますが、やっぱり臼と杵でおもちつきをする風景を子どもたちに伝えていきたいと思います。
今回は、就職で県外にいる青年が帰って来て手伝ってくれました。小学生の時から、子ども劇場でいろんな体験をしてきた彼は、誰に言われるでもなく、要所、要所ツボを押さえた働き方をしていました。異年齢の集団で体験活動を繰り返して育った子どもは、この「指示されなくても自分で考えて動く」ということが得意だと思います。指示されないと何もできない子どもが多い中、数値で評価される機会はなくとも、これは立派な才能だと思います。
この青年とお父さんたち、子どもたちの大活躍で、無事おもちがつきあがり、自分で丸めたおもちを思い思いの食べ方でいただきました。
チョコもちやチーズもちは毎回人気の食べ方です。
もう一つ、参加者が持ち寄った具材で作った豚汁も「美味しい、美味しい!」と大好評。「どんな作り方なんですか?」「どんなお味噌を使ってるんですか?」と質問攻めでしたが、150人分はあるかという量を大鍋で作るとそれだけで本当に美味しい豚汁ができますね。参加者のみなさんに「豚汁の具材を切ってお持ちください。」とお願いします。豚肉やお豆腐だけはこちらで用意しますが、具材の量も種類も指定はしません。私たちがよくやる方法ですが、具材の種類が偏ったり、今回はダメだったということは一回もありません。「へー、こんな具材を入れるんだな〜。」と新しい発見もあります。
大人数で集まる時、みなさんも是非お試しください。

お腹いっぱいになった後は、手作り絵本大型カルタで楽しみました。
枚数が少なくなってくると、「今の誰が早かったかな?」と思う場面が多々ありました。どうするかなー?と見ていると、幼児のグループでさえ、自分たちでじゃんけんをして、絵札をもらう人を決めていました。こういう一つ一つの集団での体験が子どもたちを育てていきますね。

カルタの後はなぞなぞを楽しみました。なそなぞと侮るなかれ。真剣に考えても大人でも難しいなそなぞも多かったです。

たくさんの方にご参加いただき、無事に終えられましたこと感謝致します。ありがとうございました。

おもちパーティーの後、理事会を開き、2016年度の事業を考えました。話し合っていてワクワクするものばかりでした。どうぞご期待ください。

2月7日、ほしらんどくだまつで恒例の「おもちパーティー」を開催しました。
毎年人気の企画で、お知らせして程なく定員に達し何世帯もの方が参加できなくて申し訳ありませんでした。

朝は冷え込みましたが日中はお天気に恵まれ、予定通り臼と杵でおもちつきができました。
最近はお正月でなくても簡単におもちが買えますが、やっぱり臼と杵でおもちつきをする風景を子どもたちに伝えていきたいと思います。
今回は、就職で県外にいる青年が帰って来て手伝ってくれました。小学生の時から、子ども劇場でいろんな体験をしてきた彼は、誰に言われるでもなく、要所、要所ツボを押さえた働き方をしていました。異年齢の集団で体験活動を繰り返して育った子どもは、この「指示されなくても自分で考えて動く」ということが得意だと思います。指示されないと何もできない子どもが多い中、数値で評価される機会はなくとも、これは立派な才能だと思います。
この青年とお父さんたち、子どもたちの大活躍で、無事おもちがつきあがり、自分で丸めたおもちを思い思いの食べ方でいただきました。
チョコもちやチーズもちは毎回人気の食べ方です。
もう一つ、参加者が持ち寄った具材で作った豚汁も「美味しい、美味しい!」と大好評。「どんな作り方なんですか?」「どんなお味噌を使ってるんですか?」と質問攻めでしたが、150人分はあるかという量を大鍋で作るとそれだけで本当に美味しい豚汁ができますね。参加者のみなさんに「豚汁の具材を切ってお持ちください。」とお願いします。豚肉やお豆腐だけはこちらで用意しますが、具材の量も種類も指定はしません。私たちがよくやる方法ですが、具材の種類が偏ったり、今回はダメだったということは一回もありません。「へー、こんな具材を入れるんだな〜。」と新しい発見もあります。
大人数で集まる時、みなさんも是非お試しください。

お腹いっぱいになった後は、手作り絵本大型カルタで楽しみました。
枚数が少なくなってくると、「今の誰が早かったかな?」と思う場面が多々ありました。どうするかなー?と見ていると、幼児のグループでさえ、自分たちでじゃんけんをして、絵札をもらう人を決めていました。こういう一つ一つの集団での体験が子どもたちを育てていきますね。

カルタの後はなぞなぞを楽しみました。なそなぞと侮るなかれ。真剣に考えても大人でも難しいなそなぞも多かったです。

たくさんの方にご参加いただき、無事に終えられましたこと感謝致します。ありがとうございました。

おもちパーティーの後、理事会を開き、2016年度の事業を考えました。話し合っていてワクワクするものばかりでした。どうぞご期待ください。
1
イベント情報

マチノヒ 公演

2017年12月08日
マチノヒ 公演

9/26ポロンポロンコンサートは、定員にな…

-->続きを読む

小学生から大人まで楽しめる・・ダイナミ…

-->続きを読む

平成25年8月27日(火) 8:30~1…

-->続きを読む

一昨日は、首を長〜くして待ちに待った、…

-->続きを読む
ページの先頭へ

特定非営利活動法人 子ども劇場山口県センター | 山口県宇部市錦町2-5 | 〒755-0018 TEL:0836-32-4287 FAX:0836-32-4288

Copyright © 2012 Kodomogekijo Yamaguchiken-center all rights reserved.